宮島口から厳島神社(宮島)へアクセスするフェリー(松大汽船・JR)を比較してみた!

スポンサードリンク

宮島口から厳島神社(宮島)へアクセスするフェリー(松大汽船・JR)を比較してみた!

宮島は本州とは地続きではなく、間に海を挟んでいますので「島」になります。つまり、船へ乗船して海上を渡ることになります。

その宮島へ渡るための宮島口発の船を現在、2つの会社が航行させています。

ただ、この2つのいずれのフェリーに乗船しても宮島へ到着できることから、どっちのフェリーへ乗船して良いのか迷ってしまいます。

そこで以下では宮島口から航行する船である松大汽船とJR宮島フェリーについてご紹介しています。

まず、宮島口の最寄り駅

  • JR宮島口駅
  • 広電宮島口駅

宮島口の最寄りバス停

  • 宮島口バス停(おおのハートバス)

まず、先に「松大汽船」とJR宮島フェリーを比較した結果のご紹介から・・

フェリー通常料金の比較

通常料金に関しては両社とも同じですが、団体料金は「JR宮島フェリー」の方が安いです。

割引適用の比較

団体の場合はJR宮島フェリーを利用する方がお得であり、6歳以下の幼児を同行させている場合は松大汽船へ乗船する方がお得です。

無料適用の比較

無料適用に関してはJR宮島フェリーでは50人増すごとに1名無料、一方、松大汽船では6歳以下の幼児が無料になっています。

フェリーの乗船時間(所要時間)の比較

双方共に乗船時間(所要時間)約10分とほぼ同じです。

尚、目的地となる宮島港(宮島桟橋)には、3つの桟橋(さんばし/乗り場)が存在し、これら3つの内、2号か3号乗り場に到着することになります。

フェリーの種類についての比較

松大汽船はカーフェリーを運航させていますので、大型車両を搭載できます。

一方のJR宮島フェリーの方は自動車の輸送専用のカーフェリーの運航が無いため、フェリー自体に搭載できる車両の数が松大汽船に比べて多いです。

また、JR宮島フェリーの航行ルートは厳島神社側を航行するため、午前9時から午後16時10分まで”厳島神社の大鳥居”を間近で観覧できる航行ルートを編成しています。

人間だけの輸送でフェリーに乗船される場合、これは大きなメリットとなります。

フェリーの乗船可能な車両の高さ・長さ・重さについての比較

松大汽船にはカーフェリーが配備されており、これにより大型車両の輸送が可能となっています。

一方のJR宮島フェリーにはカーフェリーがなく客船のみの運航となるとため、必然的に6メートル以下の普通乗用車のみが乗船できる結果に至っています。

自動車・二輪車を輸送する際の比較

「自転車」を輸送する場合はJR宮島フェリーの方が180円も安いことが分かります。

また、「二輪車(バイク)」を輸送する場合もJR宮島フェリーの方が150円~180円も安いことが分かります。

1時間の運行本数についての比較

1時間の運航本数を比較すると、日中、いずれも約4本と大差がありません。

発売しているお得なチケットの種類についての比較

両社を比較した場合、松大汽船の方がお得な切符の種類が多いです。特に広電と宮島ロープウェイなどの地元がらみの割引では、圧倒的に松大汽船の方がお得です。

一方のJR宮島フェリーが母体がJRとだけあって、乗車駅から宮島・広島・呉までのエリアが対象となる「ぐるりんパス」などの割引料金で購入できるチケットが発売されています。

バリアフリー設備についての比較

両社いずれもバリアフリー設備が完備されています。

フェリーにペット連れで乗船できるのか?についての比較

ペット連れで乗船できる条件に関しては両社共、同じです。リード着用でデッキまでの入場。ケージに入れて客室まで行けます。

始発便・最終便の時間についての比較

JR宮島フェリーと松大汽船の始発便と最終便の時間を比較すると、JR宮島フェリーの方が始発便の時間が早く、最終便も遅くまで運航させています。

フェリー乗船に際して、往復きっぷを購入すべきか?

JRの「めぐりんパス」や、広電の「1日乗車乗船券」を利用していないのであれば、片道の切符を購入して、行きと帰りで別々のフェリーを利用するのが好ましいです。

この理由は次のようになります。

  • 往復の切符を購入しても割引がない。(通常はおおむね往復で購入すれば割引がある)
  • 異なるフェリーへ乗船して比較することによって話のネタにできる。
  • 松大汽船、JR宮島フェリーは同一の時間帯で運航はしていない。出発時間に約5分のズレがあるので、現在、港に到着しているフェリーに乗船することによって待ち時間を回避できる。

宮島口から宮島間を運航するこの2つのフェリー会社の運賃を比較すると、片道運賃180円に対して往復運賃は単純に2倍の360円と料金設定は同じですが、割引適用がありません。

つまり往復切符を購入するメリットが薄れるわけです。

ところで・・フェリーに車と人間が同時に乗船できるのか?

松大汽船

  • 一般客船:可能
  • 車輸送専用船(カーフェリー):可能

JR宮島フェリー

  • 一般客船:可能
  • 車輸送専用船(カーフェリー):無し(一般客船のみ)

フェリーの所要時間

松大汽船

  • 客船:約10分
  • 自動車専用船(カーフェリー):約10分から約15分

JR宮島フェリー

  • 通常便:約10分
  • 大鳥居観覧便:約10分

フェリーのりば案内

JR宮島口駅もしくは広電・宮島口駅の双方の駅舎を出ると、フェリー乗り場の大きな看板が立っていますので、乗り場に関しては迷うことはまず、ないと思います。

JR宮島口駅の駅舎を出て松大汽船・JR宮島フェリーの両乗り場を見た景観

写真はJR宮島口駅を出て徒歩約3分ほど進んだ地点から見たフェリー乗り場の景観です。「宮島ゆき直行便」と「JR宮島フェリー」の看板が見える。

尚、道中に地下へ降りる階段があり、地下道を通って松大汽船のフェリーのりばの前までワープすることができます。

⬆地下へ降りる階段

広電・宮島口駅の駅舎を出て松大汽船・JR宮島フェリーの両乗り場を見た景観

左が松大汽船の乗り場で右がJRフェリー宮島フェリー乗り場です。船上から厳島神社の大鳥居を観覧したいのであれば「右側=厳島神社側」を航行するJR宮島フェリーへ乗船する必要があります。

注意点:フェリー乗り場が変更されている!

宮島口の港湾整備事業に伴い、2017年4月10日(月)始発便からフェリー乗り場が変更されています。
変更されたことによって「切符売り場」と「乗船場所」との距離が近くなり、従来と比較して所要時間が徒歩約2分ほど縮まっています。
ただ、逆に駐車場からフェリー乗り場までの距離が長くなっていますのでご留意ください。

画像引用先:松大汽船

切符売場からフェリー乗り場(桟橋)までの距離・所要時間

松大汽船
  • 距離:約150メートル
  • 所要時間:徒歩約2分
JR宮島フェリー
  • 距離:約150メートル
  • 所要時間:徒歩約2分

画像引用先:JR宮島フェリー

フェリー料金(割引料金ふくむ)

松大汽船

通常料金

大人:180円(片道)360円(往復)
小人:90円(片道)180円(往復)

  • 小人は6才以上12才未満(小学生)!
  • 大人は12才以上(中学生)!

割引適用媒体

身体障害者割引

大人:90円(片道)180円(往復)
小人:40円(片道)90円(往復)

  • 窓口で各種手帳を提示する必要があります。

団体割引運賃※15人以上が対象

一般

大人:150円(片道)300円(往復)
小人:70円(片道)140円(往復)

学生

中学生以上:80円(片道)160円(往復)
小学生以上:50円(片道)100円(往復)

  • 団体割引は定期便運航中のみ適用。その他の時間は貸切船扱いとなります。
  • 貸切船については事前申し込み要!

無料適用

6歳以下の幼児は大人1名につき1名まで無料!

自動車・自転車・バイク航送運賃

自動車航送運賃(運転手運賃を含む)

3m未満790円(片道)

3m以上4m未満1,210円(片道)
4m以上5m未満1,690円(片道)
5m以上6m未満2,210円(片道)
6m~7m未満 2,520円(片道)
7m~8m未満 3,040円(片道)
8m以上1m増すごと 440円(片道)
  • 車検証に記された自動車の長さを適用
  • 搬送可能車輛の長さ5m未満、高さ2m 40cm未満の車輌
自転車(運転者の運賃必要)

自転車 大人:280円 小人:190円(片道)

バイク(運転者の運賃必要)

自動二輪車125ccまで 370円(片道)
自動二輪車750cc未満 470円(片道)
自動二輪車750cc以上 560円(片道)

貸切船

団体数が多い場合は、貸切船を事前予約する形式になります。

また、宮島包ヶ浦自然公園など宮島内を団体での移動時

貸切船プランとコース

宮島口~網之浦:所要時間 10分
宮島口~杉之浦:所要時間 20分
宮島口~包ヶ浦:所要時間 30分
宮島~宇品(県営桟橋):所要時間 60分
宮島~江田島(切串 上村汽船桟橋):所要時間 60分
宮島~江田島(荒代桟橋 青年の家):所要時間 60分

※貸し切り船の申し込みについては要問い合わせ。

JR宮島フェリー

通常料金

大人:180円(片道)
小人:90円(片道)

  • 小人は6才以上12才未満(小学生)が対象!
  • ICカードは「ICOCA」「PASPY」が利用可能!

割引適用媒体

身体障害者・知的障がい者割引

大人:90円(片道)
小人:40円(片道)

  • 窓口で各種手帳を提示する必要があります。
  • 第1種の手帳を所持しておられる方は介護者も割引適用。

団体割引

一般団体運賃(通常期)※8名以上

大人:140円(片道)
小人:60円(片道)

  • 期間:1月11日~31日、2月6月9月11月、12月1日~20日
  • 無料適用:51人以上で50人増すごとに1人無料!
一般団体運賃(多客期)※8名以上

大人:150円(片道)
小人:70円(片道)

  • 期間:1月1日~10日、3月4月5月7月8月10月、12月21日~31日
学生団体運賃※8名以上

中学生以上:80円(片道
小学生以下:50円(片道)
教職員、付添人:110円(片道)
期間:通年適用

無料適用

51人以上で50人増すごとに1人無料!

自動車・自転車・バイク航送運賃

JR宮島フェリーは全長(長さ)6メートル以上のトラックやバスは利用不可です。6メートルに近い場合、乗船前に車検証の提示を求められる場合があります。

6メートル以上が明確な場合は、松大汽船の車輸送専用フェリー「カーフェリー」を利用してください。

自動車航送運賃(運転手運賃を含む)

3m未満790円(片道)
3m以上4m未満1,210円(片道)
4m以上5m未満1,690円(片道)
5m以上6m未満2,210円(片道)
  • 車検証に記された自動車の長さを適用
  • 車輛の高さは2.2m以下に限る!(高さの例:救急車がギリギリ)
自転車(運転者の運賃必要)

自転車100円(片道)

バイク(運転者の運賃必要)

125cc以下のもの190円(片道)
125ccを超え750cc以下290円(片道)
0ccを超えるもの380円(片道)

貸切船

JR宮島フェリーでは船を借り切ることもできます。利用例は次の通りです。

  • 宮島一周巡り
  • 呉、江田島方面への運行
  • 納涼船などの貸切船

※貸し切り船の申し込みについては要問い合わせ。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






フェリーの種類(フェリーの名前)

松大汽船

安芸

  • 旅客定員:800人(車両搭載なし)
  • バリアフリー設備:あり
  • 自動車搭載可能数:乗用車10台

厳島

  • 旅客定員:800人(車両搭載なし)
  • バリアフリー設備:あり
  • 自動車搭載可能数:乗用車10台

宮島

  • 旅客定員:800人(車両搭載なし)
  • バリアフリー設備:あり
  • 自動車搭載可能数:乗用車10台

第二みやじま

  • 旅客定員:700人
  • 自動車搭載可能数:大型車12台

JR宮島フェリー

ななうら丸

  • 旅客定員:800人(車両搭載なし)
  • 椅子:180席
  • 立席:620席
  • バリアフリー設備:あり
  • 自動車搭載可能数:乗用車7台

みやじま丸

  • 旅客定員:800人(車両搭載なし)
  • バリアフリー設備:あり
  • 自動車搭載可能数:乗用車15台

みせん丸

  • 旅客定員:800人(車両搭載なし)
  • バリアフリー設備:あり(他の2つより少ない)
  • 自動車搭載可能数:乗用車15台

 

フェリーの乗船可能な車両の高さ・長さ・重さ

松大汽船

一般客船に車と人が同時乗船

高さ:高さ2m40cm未満
長さ:5m未満

カーフェリー

高さ:3.4m未満
長さ:長さ10m未満
重さ:19トン

JR宮島フェリー

一般客船に車と人が同時乗船

高さ:高さ2m20cm未満
長さ:6m未満

カーフェリー

運航無し

 

1時間の運行本数

松大汽船

  • 一般客船:約4本
  • カーフェリー:30分に1本の間隔で運行 

JR宮島フェリー

  • 一般客船:約4本
  • 大鳥居観覧便:4本(16時台のみ1本)

 

発売しているお得なチケットの種類

松大汽船

広電1日乗車乗船券

広電の1日乗車乗船券は、宮島口から宮島間を運行している松大汽船(宮島フェリー)と広電のセット券です。

その他の特典として、宮島ロープウェイの割引券が付いています。

  • 大人往復 通常1,800円→1,350円(450円割引!)
  • 小児往復 通常900円→700円(200円割引!)

この他、宮島ロープウェーを利用した方を対象として帰りに「宮島口もみじ本陣」と呼ばれるお店に訪れることで「もみじ饅頭(3個入り)」と「もみじ本陣 売店割引券」が漏れなく進呈されます。

宮島弥山エンジョイチケット

「松大汽船の往復チケット」と「宮島ロープウェーの往復チケット」がセットになったチケットです。

料金:大人1名1800円※360円割引!

宮島弥山アクティブチケット

「松大汽船の往復チケット」と「宮島ロープウェーの片道チケット」がセットになったチケットです。

宮島ロープウェーは片道しか乗車できませんので、往路復路のいずれかを徒歩で登山される方に最適です。紅葉狩りで主に利用するチケットです。

料金:大人1名1000円※360円割引!

恋人の聖地ペアお得チケット

宮島・弥山には非婚化・未婚化を改善するための「恋人の聖地プロジェクト」の指定を受けたロケーションがあります。

これらのロケーションの体験料金がセットになったお得なチケットです。

JR宮島フェリー

宮島・瀬戸内ぐるりんパス

次のような電車の切符や施設への入場券がセットになって割引価格で購入できるお得なパス(切符)です。

  • JR西日本エリアの出発駅から広島までの新幹線普通車指定席
  • 広島・宮島地区の自由周遊区間、宮島広島呉エリアの5観光施設の入場券
  • 路面電車
  • 観光船
  • JR西日本宮島フェリー
  • ひしまめいぷる~ぷ

料金一例:京都市内発着:21500円、大阪市内発着:20500円(利用する駅により異なる)

青春18きっぷ

「青春きっぷ」とは、1枚の切符を買うだけで「5回分の1日乗り放題券」が付いています。
上記の写真を見れば分かると思いますが、回数が5回まで記載されています。
1回目を利用した際にハンコが押され、同じく2回目、3回目、4回目、5回目と利用した際にも押されます。
1回は1日。1日の最終時刻となる午前0時を過ぎれば2日目に突入します。(厳密には午前0時を過ぎた時点で乗車中であれば下車した駅まで有効)
2日目に続けて利用した場合は「2回目」の場所にハンコが押されます。

ただ、この切符の面白い所は「5回分の1日乗り放題券がついた1枚の切符」なので、すなわち5人グループで1人1人が1回利用したことにして1日乗り放題としても利用できると言うことです。
利用期限は、春に購入した切符であれば当年の春期間、同様に夏なら夏期間のみです。
利用範囲は、日本全国のJR線の普通・快速列車の普通車自由席、BRT(バス高速輸送システム)、JR西日本宮島フェリーが1日乗降し放題(1日乗り放題)になります。
但し、特急(新幹線を含む)・急行列車・グリーン車等を利用する場合は、特急券・急行券・グリーン券等の他に「普通乗車券」が別途に必要になります。

  • 料金:一律11850円
  • 発売期間
    春(春休み):2月20日から3月31日まで
    夏(夏休み):7月1日から8月31日まで
    冬(冬休み):12月1日から12月31日まで
  • 有効期限:乗車日当日限り
  • 販売場所:日本全国のJRの主要な駅、主な旅行会社の支店・営業所

 

バリアフリー設備

松大汽船

  • 設備あり

JR宮島フェリー

  • 設備あり

 

フェリーにペット連れで乗船できるのか?

松大汽船

リードなし:デッキ(車が駐車するスペース)まで可能
リードあり:デッキ(車が駐車するスペース)まで可能
ケージにペットを入れる:客室まで入室可能

JR宮島フェリー

リードなし:デッキ(車が駐車するスペース)まで可能
リードあり:デッキ(車が駐車するスペース)まで可能
ケージにペットを入れる:客室まで入室可能

 

始発便の時間・最終便の時間

松大汽船

始発便

宮島発:7時~20時15分

最終便

宮島口発:7時15~20時35分

JR宮島フェリー

始発便

宮島発:5時45分~22時14分

最終便

宮島口発:6時25分~22時42分

 

 時刻表

松大汽船

URL:http://miyajima-matsudai.co.jp/schedule/index.html

JR宮島フェリー

URL:http://jr-miyajimaferry.co.jp/timetable/

 

【補足】JR宮島フェリーの大鳥居ウォッチングポイント

午前9時10分から16時10分に宮島口発の便のみ、若干、航行ルートが変更となり、厳島神社の大鳥居の間近を航行します。

つまり!ぬぅあんとぉぅ!厳島神社の大鳥居が間近で観れるわけです!おぅっ、Ohぅイぇ~

これはJR宮島フェリーが松大汽船より大鳥居側(厳島神社側)を航行するためにできる芸当であり、JRフェリー宮島フェリーの大きなメリットでもあります。

大鳥居を撮影される方は是非!3階パノラマデッキおよび2階室内席では右側部分に移動しておきましょう!

尚、パノラマデッキは三脚を立てても構わないとのことですので、カメラーは是非!三脚を立ててみてください。

ただし、宮島までの海風は強風気味なのでご注意ください。

大鳥居にどれだけ接近するかの度合い

干潮時にも関わらずかなり大接近している様子が分かります。

宮島港(宮島桟橋)から厳島神社および宮島水族館へのアクセス方法については以下の別ページにてご紹介しています。

宮島桟橋・厳島神社から宮島水族館へのアクセス(行き方)「徒歩・車」

JR宮島フェリーへのお問合わせ先

住所:広島県廿日市市宮島口1丁目11-5
電話番号:0829-56-2045
営業時間(電話受付可能時間): 9:00~17:00
定休日:年中無休

松大汽船へのお問合わせ先

住所:広島県廿日市市宮島口1丁目11-5
電話番号:0829-56-2045
営業時間(電話受付可能時間): 9:00~17:00
定休日:年中無休

広島駅から宮島口までのアクセス方法については以下の別ページにてご紹介しています。

バスでも行けた!広島駅から宮島口(厳島神社)へのアクセス(行き方)!「JRか広電どっちがお得か?」

広島駅周辺から直通で宮島桟橋(宮島港)へアクセスする高速船の種類については以下の別ページにてご紹介しています。

宮島港(宮島桟橋)へアクセスするフェリー(高速船)の「種類の一覧・料金比較・運航ルート(発着する港の一覧)」

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ