厳島神社・清盛神社【境外・摂社】

スポンサードリンク

厳島神社・清盛神社【境外・摂社】

%e6%b8%85%e7%9b%9b%e7%a5%9e%e7%a4%be

創建年

  • 1954年(昭和29年)
建築様式(造り)

  • 切妻造
  • 平入
  • 縁側高欄付き
屋根の造り

  • 桧皮葺
鳥居の種類

  • 明神鳥居(材質:銅)
御祭神

  • 平清盛
神事

  • 3月20日(清盛神社まつり
社格

  • 厳島神社「境外・末社」

厳島神社・清盛神社の読み方

厳島神社の境内には、難しい漢字の羅列で読みにくい名前の社殿や御祭神が鎮座されておりますが、清盛神社は「きよもりじんじゃ」と読みます。

厳島神社・清盛神社の歴史・由来

清盛神社の「清盛」とは、平安時代後期の日本を実質上支配した「平家(平氏)」の総大将・平清盛をお祀りした神社であることからこの名前が付されています。

これまで厳島神社には、現在の厳島神社の景観を造り上げた平清盛公を単独でお祀りした社がありませんでした。

そこで、厳島神社を含めた地元の人々の声が、平清盛公の奉斎770年を記念して「社」が造営されることになりました。

平家の過去の歴史を顧みれば、平清盛が生存中に繁栄を極め、平清盛の死去と共に勢力が弱まり、次第に源氏に権力を奪われて没落して行きます。

やがて、源氏が平家から政権を奪い取り源氏が台頭する鎌倉時代に入り、その後すぐに足利一族が台頭する室町時代に入ってしまったため、以後、平家が再び栄華を取り戻すことはありませんでした。

つまり、厳島神社の造営に関しての最大の功労者である平清盛公を祀る社がこれまで築かれ無かったことになります。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






平清盛公は、実は全く別の神社で祀られていた?!

上述した通り、平清盛公を単独で祀った「社」こそ無かったのですが、実は同じ宮島内に位置する「三翁神社(さんのうじんじゃ」の「右殿」には平清盛公が合祀されていました。

「三翁神社」は、「近江国の山王社(現在の滋賀県の日吉大社)」から、御祭神の分神を勧請して平清盛公が平安後期に造営した神社です。

%e4%b8%89%e7%bf%81%e7%a5%9e%e7%a4%be↑宮島・三翁神社(画像引用先:厳島神社ホームページ

明治時代初頭に、政府からの命令によって宮島中にあった「小さな社」や「小さな祠」で祀られていた御祭神はすべて三翁神社へまとめて合祀された歴史があります。それらの祭神に混じって清盛公も合祀されたことから、祀られていた事実を知らない方も多いと思われます。

その後、昭和29年までこの様相は続きましたが、西の松原(にしのまつばら)の先端付近に清盛公を祀る「社(現在の清盛神社)」を造営し、完成後に清盛公の御神体を三翁神社から勧請し現在に至っています。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






【補足その1】「西の松原」とは?

「西の松原」とは、江戸時代に造営された防波堤のことです。厳島神社の真後ろを流れる「御手洗川」の河口付近に蓄積された「土」や「石」を海辺に延長する形で積み上げたことによって現在のような長細い形状になりました。

西の松原が現在の清盛神社の位置まで埋め立てられたのが1739年(元文4年)のことです。それから後、1945年(昭和25年)に枕崎台風(台風16号)の影響により土石流が再び起こって御手洗川の河口付近に土砂が蓄積することになります。

この土砂を清盛神社の先に運んで陸地としたのが、現在の西の松原です。

現在の西の松原には、石造りの燈籠が立ち並んで美しい砂が敷かれ、宮島の美しい景観を構成する一翼を担っています。

【補足その2】土石流対策

現在の厳島神社や宮島の景観を見て想像もつきませんが、元来、宮島厳島神社の立地柄、数十年から数百年周期で土石流が発生していました。

1度、土石流が発生してしまうと、たちまちのうちに厳島神社の社殿群が飲み込まれてしまうことになります。しかし近代に差し掛かってから厳島神社にまつわる土石流の話は聞きません。

実はこれには理由があり、なんと!土石流への対策が取り計らわれているからです。

たとえば、厳島神社の本殿裏を流れる御手洗川などは、土石流を防ぐために川にコンクリートが埋め込まれて段差がつけられています。

紅葉谷から弥山へ登られる際はチラ見でもいいので是非!川をご覧になってみてください。大自然が生み出した渓流に見えますが、石がコンクリートで固められて段差が付けられているのが分かるハズです。

このような段差をつける工事はおよそ1948年(昭和23年)から1950年(昭和25年)にかけて執り行われ、段差を設けることによって土砂のなだれ込みを予防しています。

厳島神社・清盛神社の場所とアクセス

清盛神社は、厳島神社の出口(西回廊)から出て、左へ少し歩いた西の松原の先端に位置しています。

%e5%8e%b3%e5%b3%b6%e7%a5%9e%e7%a4%be%e3%81%8b%e3%82%89%e6%b8%85%e7%9b%9b%e7%a5%9e%e7%a4%be%e3%81%b8%e3%81%ae%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%bb%e3%82%b9%e8%a1%8c%e3%81%8d%e6%96%b9

  • 厳島神社から清盛神社までの所要時間:約10分、距離:約500m

終わりに・・

清盛神社の真後ろにあるお茶屋さん「清盛茶屋」

厳島神社から清盛神社へ参拝するには、徒歩で約10分ほど「西の松原」を歩くことになります。おそらく厳島神社の境内から継続して歩くと小一時間は歩き通しのハズです。

そこでそんな参拝者の疲れを癒す目的であるかの如く、なんとぉぅぉぅ!…オぅイぇ〜・・清盛神社のスグ後ろに清盛神社の名前に因んだ「清盛茶屋」称される「小さなお茶屋さん」が建っています。

%e6%b8%85%e7%9b%9b%e8%8c%b6%e5%b1%8b夏には「かき氷」、お昼時には「あなご丼」、寒い冬には「餅入りのぜんざい」や「あっツ、熱っ!のうどん」がメニューとして用意されていて、歩き疲れを心から癒してくれます。

 おすすめメニューは「清盛セット(あなごまぶし丼+うどんorそば)」値段:1400円~1600円です。

%e6%b8%85%e7%9b%9b%e8%8c%b6%e5%b1%8b%e3%83%bb%e6%b8%85%e7%9b%9b%e3%82%bb%e3%83%83%e3%83%88清盛神社へ訪れた際は、是非、旅の思い出に立ち寄ってみてください。ウフ

清盛茶屋へのお問い合わせ先「住所・電話番号・営業時間・定休日」

  • 住所:広島県廿日市市宮島町西大西町町西大西町
  • TEL:0829-44-0757(予約可能)
  • 営業時間:11:00〜17:00 ※夜は電話予約可
  • 定休日:不定休
スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ