必ず「凶」が出る噂のおみくじ?!広島県宮島・厳島神社のおみくじの「当たる確率・種類・順番」と真相解明!

スポンサードリンク

必ず「凶」が出る噂のおみくじ?!広島県宮島・厳島神社のおみくじの「当たる確率・種類・順番」と真相解明!

必ず「凶」が出る噂のおみくじ!広島県宮島・厳島神社のおみくじの「当たる確率・種類・順番」と真相解明!宮島厳島神社でも、日本全国の神社同様「おみくじ」があります。

しかし、中には厳島神社のおみくじが、厳しいという声もあります。

厳しいとは、「凶」が出る確率が多いという声のことを指します。

はたして、本当に厳しいのでしょうか?

宮島・厳島神社のおみくじの種類

厳島神社のおみくじの種類は40種類あり、個々の結果の中にも、さらに何種類かの結果に分かれています。

分かりやすくいいますと、大吉でも「3種類の結果(お告げ)がある」といったことになります。

  • 大吉:3種類
  • 吉:13種類
  • 末吉:3種類
  • 向吉:2種類
  • 平吉:1種類
  • 平:5種類
  • 吉凶末分:1種類
  • 始凶末吉:1種類
  • 凶:9種類
  • 大凶:2種類

※おみくじの種類の数量は、時折、変更があるようです。

厳島神社のおみくじの確率

厳島神社のおみくじの確率は以下の通りです。

  • 大吉:7.5%
  • 吉:32.5%
  • 末吉:7.5%
  • 向吉:5%
  • 平吉:2.5%
  • 平:12.5%
  • 吉凶末分:2.5%
  • 始凶末吉:2.5%
  • 凶:22.5%
  • 大凶:5%

※小数点以下は切り捨てて、分かりやすい数字であらわしています。

この確率の統計を見て行けば、当たる確率が高いおみくじは以下のようになります。

  • 1位.「吉」
  • 2位.「凶」
  • 3位.「平」

厳島神社のおみくじの順番

基本

  • 「大吉⇒吉⇒中吉⇒小吉⇒凶」
大抵の神社(12種類)

  • 大吉>中吉>小吉>吉>半吉>末吉>末小吉>凶>小凶>半凶>末凶>大凶
古い歴史をもつ神社のおみくじの順番

  • 「大吉⇒吉⇒中吉⇒小吉⇒半吉⇒末吉⇒末小吉⇒平⇒凶⇒小凶⇒半凶⇒末凶⇒大凶」
厳島神社のおみくじの順番

  • 大吉⇒吉⇒末吉⇒向吉⇒平吉⇒吉凶末分⇒始凶末吉⇒凶⇒大凶

スポンサードリンク -Sponsored Link-






「おみくじ」を木の枝などに結びつける理由と「凶のおみくじは結び付けてイイ?」

「おみくじ」を木の枝などに結びつける理由と「凶のおみくじは結び付けてイイ?」おみくじを引いたあと、神社の境内に結びつけて帰る方がいますが、実はこれには由来があります。

まず、おみくじが一般的に流行したのが江戸時代と云われています。

この頃から「恋が実る(赤い糸を結び付ける)」にアヤかり、神様との縁を結び、さらに願いを叶えてもらうなどの意味合いから、木の枝などにおみくじを結んだのが起源とされています。

また「凶」のおみくじをククり付けて帰る方が多いですが、これはできるだけ縁起を良いものにしようと、神社に結びつけて帰るといった理由になると思われます。

ちなみに現代では「凶」のおみくじが出れば、大半の方が神社の枝などに結びつけて帰る方が多いようですが、木の枝に結び付けるのはやめましょう。

木の枝に「おみくじ」を結んでは行けない理由

神社の木は「御神木(ごしんぼく)」と謂われ、神様がお宿りになっています。

御神木の枝におみくじをククり付ける行為は、祭神様への冒涜にも繋がります。

さらに万が一、枝を折ってしまっては逆にバチがあたります。

以上のことから、おみくじを枝に結ぶのだけは絶対に控えましょう。

おみくじを結びつける場所に関しては、大抵の神社には結び付ける場所がありますので、ソチラへ結びつけて帰ると良いです。

「おみくじ」って普通に捨てれる?「おみくじの捨て方とは?」

例えば「凶」を引いて、神社の境内に結んで帰ろうと思ったところ、結ぶ場所が見つからなくて、持ち帰ってきた「おみくじ」があったとします。

こういった「おみくじ」の処理をどうするのか?迷うところですが、基本的に神社で引いた「おみくじ」は捨てることができます。

しかし、おみくじを捨てる場合は、以下のような方法をとります。

  1. おみくじの紙に塩を小さじ1杯ほど振りかけ、その塩を包む形で綺麗に折ってセロハンテープや糊などで、塩が出てこないようにして、そのままゴミ箱へ。
  2. あなたの自宅近辺の神社のお焚き上げの時に、お守りと一緒にお焚き上げしてもらいます。
  3. 台所用のビニール袋に塩を小さじ1杯ほど入れて、その中におみくじを入れて袋の先をククって、そのままゴミ箱へ。

ちなみに、ここで塩が出てきましたが、塩には邪気を祓う清めの効果がありますので、捨てる場合は必ず塩を用いるようにします。

間違っても、粗末な扱いはしないことです。本当にバチが当たります。

たとえ「おみくじ」といえども、神聖な神社の境内に置かれた一種のご祈祷の念が込められ、御神徳を帯びていますので、けっして粗末には扱ってはいけません。

「おみくじ」の由来と歴史

おみくじの由来は、遠い昔の「平安時代」であったといいます。

古来では、国の行く末などは神の意志を伺うために「籤(くじ)」を用意して、神のご意志を確かめたと云われてます。

これを最初に始めたのが、天台宗の僧侶の「良源(りょうげん)」であると云われいます。

ちなみにこの「良源(りょうげん)」は、「元三大師(がんざんだいし)」の名で親しまれており、比叡山延暦寺の18代目の座主でもあります。

終わりに・・

おみくじで「凶」や「大凶」を引いてからといって気を落とすのではなく、これは神様からのご指摘になります。

すまわち、おみくじの中に書かれていることを参考にして気に留めていれば、気運が高まり逆に幸運をもたらします。

以上のことを踏まえて、このように考えることもできます。

「大凶」の次は最上へループして「大吉」に転じると・・。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ