宮島・弥山「弥山本堂(大聖院)」

スポンサードリンク

宮島・弥山「弥山本堂(大聖院)」

%e5%ae%ae%e5%b3%b6%e3%83%bb%e5%bc%a5%e5%b1%b1%e6%9c%ac%e5%a0%82

創建年

  • 不明
  • 推定:806年(大同元年/平安時代)
再建年

  • 1995年(平成7年)
建築様式(造り)

  • 寄棟造
屋根の造り

  • 本瓦葺
御本尊

  • 虚空蔵菩薩
  • 脇侍:不動明
  • 脇侍:毘沙門天

「弥山」の読み方と名前の由来

弥山は「みせん」と読みます。
弥山の由来は、大師・空海が宮島を一目見てインドの南の海に存在する「須弥山(しゅみせん)」に似ていると言うことから、須弥山の字を取って「弥山」と名付けたそうです。

その他の由来として「御山」が時代を経る過程で「弥山」となったとも云われています。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






弥山本堂の歴史・由来

弥山本堂の創建は古く806年(延暦25年)に大師・空海によって創建されたと云われております。

創建当初は、現在のような小綺麗な堂宇(お堂)ではなく、粗末な造りの「草庵(そうあん)」のようなものであったと云われています。

唐から帰国した大師・空海は、この弥山へ立ち寄り弥山の山頂で100日間にも及ぶ「虚空蔵求聞持法(こくうぞうじもんじほう)」の修法を成し遂げました。

虚空蔵求聞持法とは、果て無き知恵を持つと云われる虚空蔵菩薩の知恵の一部を授かる修法で、陀羅尼(だらに)を100万遍唱えると大いなる知恵と記憶力を授かれると言った修法の1つです。

大師・空海はこの修行を見事に成し遂げています。

後世では、平清盛をはじめ、足利義尚、福島正則と言った名の知れた人物も、弥山に多大なる厚い崇敬を寄せていたと云われております。

弥山本堂の見所(見どころ)

弥山本堂の鐘(梵鐘)【重要文化財】

%e5%bc%a5%e5%b1%b1%e6%9c%ac%e5%a0%82%e3%83%bb%e6%a2%b5%e9%90%98

  • 高さ:122cm
  • 横幅(口径):69cm

弥山本堂の須弥壇の右脇には梵鐘が安置されており、この梵鐘は「広島県廿日市市宮島町多々良潟」に、かつて存在した鋳造所で鋳造されたもので、1177年(治承元年)に平宗盛が寄進した梵鐘です。

もとは麓の大聖院の境内にあった梵鐘ですが、後の時代にこの弥山本堂へ移されてきました。

梵鐘の頂には、龍の彫刻(龍頭)が備え付けられており、この龍頭が平安時代の特徴を色濃く残していることや、梵鐘に「治承元年右大将平宗盛」の銘があることから時代判定の証拠となり、1977年(昭和52年)6月11日に国の重要文化財に指定登録されています。

ちなみに、現在みることのできる弥山本堂は1995年(平成7年)に再建された時のものです。

弥山本堂の錫杖の梅

弥山本堂の付近に「錫杖の梅」と呼称される「梅の木」が自生しています。

%e5%bc%a5%e5%b1%b1%e6%9c%ac%e5%a0%82%e3%81%ae%e9%8c%ab%e6%9d%96%e3%81%ae%e6%a2%85この梅の木にはちょっとした由来があって、なんでも大師・空海が本堂に立てかけていた錫杖が急に根を張りだし、梅の木に成り変わったと云われています。
その梅の木こそが、この錫杖の梅であり、この話が本当であるのならば、もとは大師の杖であったと言うことになります。
この梅の木は弥山の山の吉凶を告げる木ともいわれ、凶兆の時は花を付けないそうです。

弥山本堂の御朱印

弥山本堂では御朱印をいただくことができます。

御朱印の種類は1種類のみとなり、中央に虚空蔵菩薩と墨書きされ、右上に「弘法大師御開基」の押印があり、左下にも「宮島弥山」の押印がある御朱印です。

%e5%bc%a5%e5%b1%b1%e6%9c%ac%e5%a0%82%e3%81%ae%e5%be%a1%e6%9c%b1%e5%8d%b0

  • 御朱印の値段:300円

獅子岩駅から弥山本堂へのアクセス(行き方)・所要時間

宮島ロープウェイの獅子岩駅から徒歩で約20分ほどです。

道中の道はスベリやすくなっている箇所もありますので注意が必要です。

また、万が一の時に備えて携帯電話(スマホ)は必需品です。

交換用の「電池パック」も忘れずに持参しておくように心がけておきます。

弥山本堂の参拝料金・参拝可能時間(営業時間/開門・閉門時間)

参拝料金

  • 無料
参拝可能時間(営業時間/開門・閉門時間)

  • 8時から17時まで

弥山本堂へのお問い合わせ先「住所・電話番号・営業時間・定休日・URL」

大聖院

住所:739-0588 広島県廿日市市宮島町1404
電話番号:0829-44-2071
定休日:なし(年中無休)
URL:http://www.galilei.ne.jp/daisyoin/

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ