宮島・弥山「大日堂(大聖院)」

スポンサードリンク

宮島・弥山「大日堂(大聖院)」

%e5%ae%ae%e5%b3%b6%e3%83%bb%e5%bc%a5%e5%b1%b1%e3%80%8c%e5%a4%a7%e6%97%a5%e5%a0%82%e3%80%8d

創建年

  • 不明
  • 推定:806年(大同元年/平安時代)
再建年

  • 1376年(永和2年/室町時代)
  • 1599年(慶長4年/安土桃山時代)
建築様式(造り)

  • 方形造り
    ※前面庇付き
屋根の造り

  • 銅葺き
御本尊

  • 不動明王
  • 大日如来(脇侍)

弥山・大日堂の読み方

御本尊やお堂には難しい漢字の表記で読みにくい名前のものがありますが、大日堂は「だいにちどう」と読みます。

弥山・大日堂の歴史・由来

弥山大日堂の草創は、806年(大同元年/平安時代)に弘法大師・空海によって修法の道場として造営されたことに始まります。

その後、時代を経る過程において廃れてしまいますが、1376年(永和2年/室町時代)に厳島神社の「神護寺(別当寺)」として復興されています。

さらにその後の1599年(慶長4年/安土桃山時代)にも再建が行われおり、現在見ることのできる姿はこの時の再建によるものです。

しかし現在の堂舎の造りを見る限り、現在に至るまでに複数回にも及ぶ修造が繰り返し行われてきたと推測され、従来の姿を留めているのかは定かではありません。

ちなみに「神護寺(別当寺)」とは、地域にある複数の神社を総括管理していた寺院を指します。

明治時代初頭までは宮島内の僧侶が正月に一同に会し、ここ大日堂へ篭って7日間、国家安泰を祈願して「修正会(しゅしょうえ)」と言う法要を行っていました。

弥山・大日堂の御本尊

かつては本尊として不動明王坐像がお祀りされていましたが、堂舎が台風の被害を受け、安全を期すために現在は麓に位置する「大聖院宝物館」へ遷されて安置されています。

以上のような経緯から、現在に至っては弘法大師・空海が自ら彫ったとされる大日如来像のみがお祀りされています。

ただし、弘法大師・空海は中国・唐からの帰国後は大変な忙しい日々を送っていましたので、実際に大師・空海が手彫りしたのかは定かではありません。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ