宮島・厳島神社「西回廊・東回廊」【国宝】

スポンサードリンク

宮島・厳島神社「西回廊・東回廊」【国宝】

厳島神社・回廊

東回廊

  • 創建年:1168年(仁安3年)
  • 再建年:1558年~1615年(永禄年間~慶長年間/安土桃山時代)
  • 建築様式(造り):切妻造り
  • 屋根の造り:桧皮葺
  • 全長:85m
  • 回廊の通路の幅:約4m

西回廊

  • 創建年:1168年(仁安3年)
  • 再建年:1558年~1615年(永禄年間~慶長年間/安土桃山時代)
  • 建築様式(造り):切妻造り
  • 屋根の造り:桧皮葺
  • 全長:109m
  • 回廊の通路の幅:約4m
宮島・厳島神社「東西廻廊」の総長

  • 275m
宮島・厳島神社「東西廻廊」の釣灯籠の数

  • 約2mおきに1つ:合計約108個
重要文化財指定年月日

  • 1899年4月5日(明治32年4月5日)
国宝指定年月日

  • 1952年3月29日(昭和27年3月29日)
発願者

  • 平清盛

スポンサードリンク -Sponsored Link-






宮島・厳島神社「西回廊・東回廊」の歴史・由来

厳島神社の寝殿造りの社殿群を繋げる通路こそが「回廊」です。

回廊は「かいろう」と読み、屈折して造営された「廊下」のことです。

厳島神社の回廊は、御笠浜に造営された厳島神社の境内の東西を繋ぐ重要な通路となります。

創建は1168年(仁安2年)で平清盛の発願による社殿群の大造営時に造営されたものです。

厳島神社の東西の回廊は本殿の殿舎が位置する「寝殿」部分を中心とした「寝殿造り」を構成する主要素であり、東西回廊の総長は275mにも及びます。

浜の入江に沿うような形で造営されているため、歪(いびつ)な屈折を繰り返しつつも、全体の景観の美しさを損なわず東西の社殿群を見事に繋いでいます。

しまったぁ!!厳島神社は本当は土足で歩けなかったのか!!

実は本来、厳島神社の境内は「土足では立ち入ることのできない神聖な場所」なのです。

しかし現在は昇殿する際、靴を脱ぐことはなく、誰でも拝観料さえ払えば、そのまま境内へ立ち入ることができます。

これには理由があって、時代の近代化に伴い「床」を2枚重ねにすることで、土足でも昇殿できるようになっています。

つまり、本来の板の上に「養生板(ようじょういた)」を敷くことによって「オリジナルの板」を保護していると言った解釈になります。

ちなみに「養生板」とは、該当の物の破損を防ぐために「保護する板」と言った意味です。

厳島神社は海上に建立されていることから、常に海風に晒されていますので、社殿群の維持も一般の社寺とは異なり、より困難を極めるものとなります。

従って、潮の影響や海風・波に耐えられるような工夫が必要となり、境内の至る箇所に工夫がほどこされています。

その工夫の1つとして、廻廊の約2メートルおきの「床」には、8枚もの板を「釘」を使用せずに、板と板の間にワザと隙間をあけて組み合わせて設置させています。

釘を使用しない理由とは、海水(潮)に含まれる「塩分」によって鉄が錆びてしまうからです。

板と板の隙間を開ける理由とは、板と板の間に海水を通すことによって、高波を通し倒壊を防ぐ仕組みになっています。

瀬戸内海の潮の流れは読みにくく複雑であり、荒天になれば荒々しい高波や大風が発生することがあります。

まさに「海と言う生き物」をよく知っている先人たちの成せる「職人芸」の1つと言えます。

ちなみに、古来の厳島神社の正規の入口は「東側の回廊」ではなく「西側の廻廊」だったそうです。

※現在の厳島神社は「入口は東側」で「出口は西側」になっています。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ