宮島・厳島神社「本殿(幣殿・拝殿)」【国宝】

スポンサードリンク

宮島・厳島神社「本殿(幣殿・拝殿)」【国宝】

厳島神社・本殿-

創建年

  • 593年(推古天皇元年)
再建年

  • 1168年(仁安3年)
  • 1571年(元亀2年)
建築様式(造り)

  • 切妻造り
  • 平入
  • 堀立柱
  • 一重

※両流造

屋根の造り

  • 桧皮葺
大きさ

  • 横幅:柱間三間・正面八間:約16m
  • 奥行:柱間二間・梁間四間:約8m
  • 背面:九間:約18m
重要文化財指定年月日

  • 1899年4月5日(明治32年4月5日)
国宝指定年月日

  • 1952年3月29日(昭和27年3月29日)
主祭神

  • 宗像三女神
発願者

  • 佐伯鞍職(創祀)
  • 平清盛(中興

宮島・厳島神社「本殿」の歴史・由来

厳島神社の本殿は593年の創建で約1400年の歴史があります。

安芸国の権力者であった「佐伯鞍職」が夢の中で神託を受け、宮島の御笠浜の当地に「伊都岐島神」を創祀したことが始まりです。

その後の1168年に、平安時代の権力者である平家の総大将・平清盛によって、現在の社殿の姿に改築されています。

以降、安芸の国の支配者が変わる度に、資金的な援助が受けられたり、得られなかったりと時代の荒波に揉まれながらも、何とか平安時代の平清盛が造営した当初の社殿群の姿を留めています。

1400年の歴史を歩む過程で公式的に判明している大規模な本殿の修繕と造営はわずか2回のみであり、1回目の造営が1168年の平清盛、2回目の再建が1571年の毛利元就と伝わっています。

しかし、祭祀される御祭神が時代を経るごとに増えている関係で、1400年の歴史の中で幾度となく修繕や拡張がなされていたと思われます。

尚、現在の厳島神社の社殿群は、本殿・拝殿・回廊など6棟が国宝に指定を受けており、その他、14棟が重要文化財に指定を受けるに至っています。

また、社殿群全体が由緒ある歴史的建造物として1996年(平成8年)に「世界文化遺産」として世界遺産登録も受けています。

その他、この宮島自体が「厳島」として1923年(大正12年)3月7日に国指定の「史跡名勝天然記念物」にも登録されており、日本三景(松島・天橋立)の様相を飾る一角でもあります。

宮島・厳島神社「本殿」の御祭神と「創建当初の御祭神」

厳島神社の御祭神は「宗像三女神(むなかたさんじょじん)」と呼称される以下のような3柱の神様です。

  • 市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)
  • 田心姫命(たごりひめのみこと)
  • 湍津姫命(たぎつひめのみこと)

しかし、創建当初の厳島神社の御祭神は「伊都岐島神(いつきしまのかみ)」と呼称される宮島(厳島)そのものを御神体とした神を祀っており、現在のような3柱の神様ではありませんでした。

その後、時代を経る過程で福岡県宗像市の「宗像大社」の御祭神宗像三女神の1柱である「市杵島姫命」と「伊都岐島神」との読み方や名前が似ていることから、同一の神様として見られるようになり、当初は「市杵島姫命」が勧請されて創祀されました。

しかしその後「市杵島姫命」だけではなく「田心姫命」と「湍津姫命」を加えた「宗像三女神」が勧請され、2柱増えた「宗像三女神」として、この本殿で相殿されるに至っております。

「宗像三女神(むなかたさんじょじん)」とは、福岡県の宗像大社に鎮座されている神様で「海の神様」として有名です。

3柱の神様のうち「田心姫命」は、厳島神社の境内の「摂社・大国神社」でお祀りされている「大国主命(大国主大神)」の妻神にあたります。

そして驚くことになんと!「湍津姫命」も「大己貴命(おおなむちのみこと/大国主大神)」に嫁いでいることから、田心姫命と同じ夫神に嫁いでいることになります。

「大国主大神(おおくにのぬしのおおかみ)」と言えば出雲大社にご鎮座されている神様であり、「縁結びの大神」として有名です。

大国主大神は、厳島神社の「摂社・大国神社」の主祭神でもあることから、厳島神社も縁結びに関しての強いご利益をもった社と言えます。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






宮島・厳島神社「本殿」の建築様式・特徴

厳島神社の本殿は「本殿」「幣殿」「拝殿」「祓殿」の「4つの殿舎」の構成で成っています。

厳島神社・「御本殿」【国宝指定】厳島神社の本殿ならびに社殿群の屋根は、当初は「こけら葺き」で造営されていましたが、1168年の平清盛による大造営時に「こけら葺き」から「桧皮葺(ひわだぶき/材質:ヒノキ)」へと葺き替えられています。

これは当時の厳島神社の神主であった佐伯景弘の「海風に社殿が晒されて、老朽化が著しい」との打診によって実現したものです。

また、本殿の「殿」となる部分(母屋)前後に庇が備え付けられていますが、これは前後で長さが異なります。

これは母屋の前室にあたる内陣(ないじん)に「大床」が設けられているためであり、前面の庇の方が少し寸法が長く造られています。

長く造られている分、流れ造りのカーブは背面よりも緩やかになっています。

「京都・伏見稲荷大社の本殿」と「宮島・厳島神社の本殿」

少し話が反れますが、厳島神社を見ていると時々、見間違える造りの社殿が頭に浮かんできます。

その社殿とは京都にある「伏見稲荷大社(ふしみいなりたいしゃ)」です。

京都・伏見稲荷大社の本殿の屋根の形は、ひらがなカタカナの「へ」の文字に似たような形状をしています。%e4%bc%8f%e8%a6%8b%e7%a8%b2%e8%8d%b7%e5%a4%a7%e7%a4%be%e3%81%ae%e5%b1%8b%e6%a0%b9

一方、厳島神社の本殿の屋根は両側(前後)に渡って「へ」の文字の屋根が広がっています。

%e5%8e%b3%e5%b3%b6%e7%a5%9e%e7%a4%be%e3%81%ae%e5%b1%8b%e6%a0%b9%e3%81%ae%e5%bd%a2

伏見稲荷大社の「へ」の字の形状の屋根を「流造(ながれづくり)」と呼称します。

一方、厳島神社の本殿の屋根のように両側に「へ」の文字が広がった形状の屋根を、前後両側に「流造」があると言う意味で「両流造(りょうながれづくり)」と呼称します。

通常の神社の屋根の形状に多いのは「流造」の方ですが、厳島神社のように「両流造」の屋根を持つ神社は、日本中でも「気多神社、松尾大社」などを代表に数社しか現存しておらず、極めて貴重な社殿の造りとなります。

また、本殿の組物は正面に「蟇股(かえるまた)」が備え付けられており、組物の間の「中備(なかぞなえ)」の部分は「間斗束(けんとづか)」が用いられ、総体的な組物の手法として「平三斗(ひらみつど)」で組まれています。

本殿の謎の小部屋

実は厳島神社の本殿の背面部分には3つの謎の小部屋が存在しており、この部屋は何の目的で使用されていたのかは未だに謎となっています。

ただ、厳島神社は神社でありながら「寝殿造り」と言う貴族の邸宅の建築様式をしており、総合的な設計者(プロデューサー)が平清盛であったため寝殿造りの様式に準えたものであるとも考えられます。

厳島神社・本殿「幣殿」

建築様式(造り)

  • 両下造
  • 一重
屋根の造り

  • 檜皮葺
大きさ

  • 桁行一間(横幅:約2m)
  • 梁間一間(奥行き:約2m)

本殿の「幣殿(へいでん)」とは、幣帛(へいはく/お供え物)を供進する殿舎であり、拝殿と本殿との間に位置します。

通常の神社建築であれば本殿の前に拝殿を配するのが通例ですが、厳島神社の場合は間に「幣殿」が配されています。

厳島神社で現在も幣殿でお供え物が供進されているのかは不明ですが、一般的な神社であれば「祭祀(儀式)」のための場として使用されることが多いです。

厳島神社・本殿「拝殿」

建築様式(造り)

  • 入母屋造
  • 平入
  • 一重
  • 両端すがる破風付
屋根の造り

  • 檜皮葺
大きさ

  • 桁行十間(横幅:約20m)
  • 梁間三間(奥行き:約6m)

本殿の拝殿は、本殿の母屋部分の前面に位置します。

厳島神社の拝殿は「三棟」といわれる他では、なかなか見ることができない珍しい建築様式をしています。

これは拝殿の大屋根の棟の下にさらに2本の棟ができるような造りになっており、合計で3つの棟になることから「三棟(みつむね)」とも呼称します。

事実、古来の厳島神社では「拝殿」を「三棟」とも呼称していたようです。

厳島神社は寝殿造りの社殿であるため、造りが少し複雑になっているように見えますが、本殿の前にはよく見ると空間があるのに気付きます。

その空間の向こう側に拝殿があり、これが私たち参拝者がお賽銭を納めて手を合わせお祈りする場所となります。

厳島神社の境内は海上に造営されているために限られたスペースに社殿群を造営する必要性があるため、一般的な神社の境内とは異なり割合、密集されて社殿が造営されています。

厳島神社・本殿「祓殿」

厳島神社・祓殿

建築様式(造り)

  • 入母屋造
  • 妻入
  • 一重
  • 背面の大屋根と接続
屋根の造り

  • 檜皮葺
大きさ

  • 桁行六間(横幅:約12m)
  • 梁間三間(奥行き:約6m)

祓殿とは「はらえどの」と読み、神社における位置づけとしては、お祓いを受ける殿舎です。

厳島神社の祓殿は「拝殿」の前面に位置し「高舞台」と「回廊」に挟まれる格好で位置しています。

つまり、本殿のもっとも前面に位置していることになり、一般的に厳島神社の本殿を海側から撮影した場合は「祓殿」が写っていることになります。

祓殿は、雨天時の舞楽の奉納にも使用されています。

終わりに・・

厳島神社にも神宮(伊勢)と同じく「外宮と内宮」があった!!

あまり知られていませんが、実は厳島神社にも外宮と内宮が存在します。

外宮と内宮の区分けは以下のようになります。

  • 厳島神社の「内宮」⇒ 「厳島神社の境内そのもの
  • 厳島神社の「外宮」⇒ 本土(対岸)に位置する「地御前神社(じごぜんじんじゃ)
  • 厳島神社の「奥宮」⇒ 宮島の山頂付近に位置する「御山神社(みやまじんじゃ)

外宮と内宮があるから何かが変わるとか、参拝方法が変わるとかと言うわけではありませんが、地元・広島においては「厳島神社の正しい参拝の順番」と言うものがあるようです。

基本的に「外宮⇒ 内宮⇒ 奥宮」と言う流れで参拝するのが厳島神社における正式な参拝方法と云われているようです。

ただし、必ずこの通りに参拝しなければならないと言ったことはないようです。

しかし、せっかく宮島に訪れたのであれば時間が許せる範囲で、上記の順番で参拝してみるのも良いですね。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ