宮島・厳島神社「宝物館」【登録有形文化財】

スポンサードリンク

宮島・厳島神社「宝物館」【登録有形文化財】

厳島神社・宝物館

竣工年

  • 1933年(昭和8年)
開館年

  • 1934年(昭和9年)
建築様式(造り)

  • 入母屋造
  • 妻入り
  • 鉄筋コンクリート造
  • 一重平屋建
屋根の造り

  • 銅板葺
広さ

  • 総面積:808m2
登録有形文化財指定年月日

  • 1996年12月20日(平成8年12月20日)
施工者

  • 有限会社 清水組
設計者

  • 大江新太郎
発願者

  • 宮島・厳島神社

厳島神社・宝物館の読み方

厳島神社の境内には、難しい漢字の表記で読みにくい名前の御祭神や社殿がありますが、宝物館は「ほうもつかん」と読みます。

厳島神社・宝物館の建築様式

厳島神社の宝物館は1933年(昭和8年)に造営され、1934年(昭和9年)に開館したコンクリート造りの建造物です。

見た目は、とてもコンクリート製には見えない造りをしていますが、建築様式を厳島神社の社殿と似せて造られています。

屋根は銅で葺かれており、切妻造りの妻入りの様式です。

面積は坪数で約240坪あり、一般的な戸建住宅7件分もの広さがあります。

社寺建築の第一人者でもある「故・大江新太郎氏」が残した遺作の1つとも言える建造物であることから「登録有形文化財」に指定されています。

厳島神社・宝物館の展示物

宝物館には、厳島神社の創建以来、現在に至るまでの約1400年の間に厳島神社に奉納された品々や伝来する宝物を展示しています。

中には「国宝級のお宝」もあり、重要文化財に登録されているお宝も多数展示されています。

尚、宝物館の内部は写真撮影は禁止されておりますので注意が必要です。

宝物館に展示されている宝物の種類

  • 書物
  • 絵画
  • 舞楽の装束
  • 扇子
宝物点数

  • 約4500点

厳島神社・宝物館の目玉のお宝・一覧「国宝・重要文化財」

「平家納経」【国宝】

平家納経」は「へいけのうきょう」と読み、巻物の形状をした経典の一種です。

全部で「33巻」存在し、33巻の総称が平家納経と呼称します。

平清盛が太政大臣に就任した際の御礼として、厳島神社へ奉納したものと伝わっています。

しかし編集自体は1164年以前から開始され、33巻すべての奉納完了が1167年と云われております。

これら33巻は平家一門が一人一人が書き記した書物であり、平安期の文化や時代背景を知る上で貴重な資料の1つともなります。

現在、宝物館にある平家納経33巻は残念ながら精巧に作られたレプリカであり、オリジナルは厳島神社に所蔵されています。

1954年(昭和29年)3月20日に33巻すべてが国宝指定となっています。

平家納経の概要

  • 法華経30巻
  • 阿弥陀経1巻
  • 般若心経1巻
  • 平清盛直筆の願書1巻

小桜韋黄返威鎧【国宝】

大きさ(サイズ)

  • 鎧高:72.7㎝
  • 兜鉢高:11.5㎝
  • 大袖:46.5㎝
重要文化財指定年月日

  • 1899年8月1日(明治32年8月1日)
国宝指定年月日

  • 1951年6月9日(昭和26年6月9日)

小桜韋黄返威鎧とは、「こざくら かわきかえし おどしよろい」と読み、これは源氏の「源為朝(みなもとのためとも)」の鎧として伝来しているものです。

「源為朝」とは?

源為朝は朝廷内の諍い(いさかい)である「保元の乱」で日本を追放されており、その際、現在の琉球(沖縄)へ渡り、琉球王国を建国した「始祖・舜天(しゅんてん)」と目されている人物です。

また、「八幡太郎義家公(はちまんたろう よしいえ)」の曾孫にあたる人物でもあります。

彩絵「檜扇」

制作年

  • 1000年から1185年(平安時代後期)
大きさ(サイズ)

  • 縦幅:30㎝
  • 横幅:48.5㎝
国宝指定年月日

  • 1952年11月22日(昭和27年11月22日)

「檜扇」は「ひおうぎ」と読み、扇(折りたたみのウチワ)のことです。

この扇は「檜薄板34枚」を金具で止めて扇の形状に加工したもので、扇となる部分には「平安絵巻」描かれています。

平安時代に作られた数少ない貴重な工芸品であることから国宝指定になっています。

同様に平安時代の文化を知る上では貴重な資料の1つでもあります。

木地塗螺鈿飾太刀【重要文化財】

造刀年

1000年から1185年(平安時代後期)

大きさ

  • 長さ:103cm
重要文化財指定年月日

  • 1899年8月1日(明治32年8月1日)

木地塗螺鈿飾太刀」は「きじぬりらでん かざりたち」と読み、平安期に造られた「飾り太刀」です。

「飾り太刀」とは、主に宮中で帯刀する際に用いられた「飾りの刀」のことです。

「飾り太刀」の特徴として刀身が細い造りをしていることにあります。

室町期あたりから江戸時代にかけては刀身は太くなって行きましたが、明治時代に入ると再び「飾り太刀」を模した「細太刀」が流行しており、主に政府の高官が帯刀していました。

その他「格式のある儀式」でも用いられており、「細太刀」は現代に至っても伝統的な儀式などで用いられることがあります。

錦包籐巻太刀【重要文化財】

造刀年

1000年から1185年(平安時代後期)

大きさ

  • 長さ:102cm
重要文化財指定年月日

  • 1899年8月1日(明治32年8月1日)

錦包籐巻太刀」は「にしきつづみとう まきたち」と読み、上記の「木地塗螺鈿飾太刀」と同様の飾り太刀です。

平安時代に造刀されて以来、数少ない現存するお宝の1つです。

飾り刀のような細い刀は平安時代の文化の特色をよく示す、貴重な資料とも言えます。

注意点としては、これらの国宝や重要文化財の品々が、常時、展示されていないと言うことです。

展示物が気になる場合は、下記の厳島神社・宝物館(厳島神社・社務所)へお問い合わせしてください。ウフ

厳島神社・宝物館の問い合わせ先「住所・電話番号・営業時間・定休日」

  • 住所: 〒739-0505 広島県廿日市市宮島町1-1
  • 電話番号:0829-44-2020
  • 営業時間:8時から17時まで
  • 定休日:年中無休
  • URL:厳島神社のホームページはコチラ

厳島神社・宝物館の入場料(入館料金)とお得な割引について

  • 入場料金:300円

厳島神宮へ入館(入場)される際は、宝物館と厳島神社の「拝観共通券」が販売されていますので、割引価格で入場できるのでお得です。

  • 拝観共通券の料金:500円
厳島神社と宝物館へ普通に行った場合の料金

  • 厳島神社の入場料金:300円
  • 宝物館の入場料金:300円

=合計600円

つまり100円お得になります。

厳島神社・宝物館の「場所とアクセス(行き方)」

多宝塔の脇・宮島・大願寺の正面になります。

  • 宮島桟橋から徒歩で約18分。
  • 厳島神社から徒歩3分。

宮島桟橋から厳島神社

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ