宮島・厳島神社「大国神社」【重要文化財】

スポンサードリンク

宮島・厳島神社「大国神社」【重要文化財】

 

宮島 厳島神社「摂社・大国神社」

建立年

  • 不明
  • 1467年から1572年(文正2年から元亀3年/室町時代)
建築様式(造り)

  • 切妻造
  • 妻入
  • 一重
屋根の造り

  • 檜皮葺(ひわだぶき/材質:ヒノキ)
大きさ

  • 桁行(横幅):三間(約6メートル)
  • 梁間(縦):四間(約8メートル)
重要文化財指定年月日

  • 1899年4月5日(明治32年4月5日)
御祭神

  • 大国主命
社格

  • 厳島神社・摂社

厳島神社・大国神社の読み方

厳島神社の境内には、難しい漢字の表記で読みにくい名前の御祭神や社殿がありますが、大国神社は「おおくにじんじゃ・だいこくじんじゃ」と読みます。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






厳島神社・大国神社の御祭神「大国主命」

大国神社の御祭神は「大国主命」であり、「おおくにのぬしのみこと」と読みます。

大国主命と言えば、七福神の「大黒さん」の名前で親しまれており、その実体は出雲大社にご鎮座されております縁結びの大神「大国主大神」です。

大国主命は、厳島神社の御祭神「宗像三女神(むなかたさんじょじん)」の1柱である「田霧姫命(たきりひめのみこと)」と「湍津姫命(たぎつひめのみこと)」の2柱の神様と夫婦となり子神を授かっています。

よって大国主命と厳島神社とは関わり合いの深い神様でもあります。

厳島神社・大国神社の歴史・由来

実は大国神社と呼称する神社は、厳島神社の境内以外にも「仙台、府中、大阪」など日本中に数社あります。

しかし厳島神社の摂社である大国神社が、これらの大国神社との関連性は不明となっています。

古来では厳島神社の本殿へのお供え物は先にこの大国神社へ、一旦、お供えしてから、最終的に厳島神社の本殿へ供進したと伝えられております。

厳島神社「大国神社」の名前の由来

実はこの大国神社は、別の名前があり、現在とは全く異なった名前が付されていたことが判明しています。

その名前とは、大国主大神の神仏習合の別称である「大黒天(大黒さま)」に因んだ名前で「大黒堂(だいこくどう)」と呼称されたそうです。

この事実は1537年(天文6年/戦国時代)の古文書に「厳島神社・大黒堂」として登場しており、つまり現在の大国神社とは名前が異なっている事実が判明しています。

厳島神社・大黒堂

上記では「大黒堂」と言う名前が出てきて、不思議に思われた方もおられると思います。

それもそのハズです。

冷静に考えると神社の境内にお寺のお堂がある訳ですから。

厳島神社は古来から仏教との関わり合いが深い神社であり、厳島神社の本殿にて仏教形式の祭典として「読経(どきょう/お経を読む)」が行われていたと云われています。

また、大黒堂でお祀りされていた御祭神(御本尊)に関しては「大黒天(大黒さま)」と伝わっています。

「大黒天」とは七福神の1尊であり「打出の小槌」と「大きな福袋」を背負った仏様で、現在の大国神社の御祭神である「大国主命」の神仏習合時の別名でもあります。

厳島神社・大黒堂が現在の「大国神社」へと名前が変わった理由

大黒堂の名前は明治時代初頭に現在の「大国神社」へと名前が変更されています。

明治時代の初頭と言えば、明治政府によって「神仏分離令(しんぶつぶんりれい)」が発令されています。

大黒堂の名前の変更はおそらく神仏分離令の影響によるものと思われます。

その際、「御本尊」である「大黒天」も、神社形式の「御祭神」として「大国主命」に変更になっています。

厳島神社・大黒堂を「創建した人物」と「創建年」について

現在の厳島神社の社殿群の姿の礎を造ったのが、平家の総大将である「平清盛」です。

しかし、大黒堂が造営された当時の厳島神社の実質上の支配者は、安芸の国主であり中国の覇者である「毛利元就(もうりもとなり)」です。

1569年に毛利家の内部で謀反が起こっており、この時に謀反人が厳島神社の本殿へ逃げ込み、腹を切って息絶えたと言う事件が起こっています。

その際、厳島神社の本殿は鮮血で血の色に染まっており、元就は血で染まった本殿の穢れを祓うために1571年から1572年の間に本殿の建て替えを行っており、同時に境内の修繕も行っています。

以上のことから、大黒堂の正式な創建年は「不明」とされていますが、おそらく1571年から1572年の間の造営で、発願者は毛利元就ではないかと考えられます。

厳島神社・大国神社の場所

大国神社の場所は、厳島神社境内の「西廻廊」の延長上に位置しています。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ