宮島・厳島神社「多宝塔」【重要文化財】

スポンサードリンク

宮島・厳島神社「多宝塔」【重要文化財】

 

多宝塔【重要文化財

創建年

  • 1523年(大永3年/室町時代後期)
再建年

  • 1704年から1710年(宝永年間/江戸時代中期)※改修
建築様式(造り)

  • 二重塔婆(宝塔)
屋根の造り

  • 杮葺(こけらぶき)
大きさ

  • 塔高:15.6m
  • 横幅:三間(約6m)
重要文化財指定年月日

  • 1901年8月2日(明治34年8月2日)
発願者

  • 周歓(僧侶)

宮島・厳島神社「多宝塔」の歴史・由来

厳島神社の多宝塔は、1523年の室町時代後期の創建で、僧侶の「周歓(しゅうかん)」が創建したと伝えられています。

もとは五重塔と同じく大聖院の伽藍を構成する多宝塔でしたが、明治初頭の神仏分離令によって厳島神社の管理下へ移管されています。

現在までの記録では再建の目ぼしき記録はなく、唯一、伝わるもので江戸時代中頃の1704年から1710年(宝永年間)に修繕(改修)の記録が残っています。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






宮島・厳島神社「多宝塔」の建築様式

厳島神社の多宝塔の四隅の屋根の形状を一目すれば、反り上がっていることに気づきます。

これは「軒反り(のきぞり)」といって、一概にすべてに当てハマる訳ではありませんが、時代を経るごとにその角度が90度に近づいていきます。

多宝塔・軒反り厳島神社の多宝塔の屋根の軒反りを見る限りでは、角度が付いているのが分かりますので室町時代の後期から江戸時代にかけての反りの特色がよく出ています。

軒反りで有名な寺院と言えば、奈良法隆寺の近藤くんや、あぁイヤイヤ「金堂」!や「南大門」になります。

見た目はそれほど分かりませんが、厳島神社の多宝塔の方が軒先の反りの角度が若干、急になっていることに気づきます。

厳島神社・多宝塔の建築様式の特徴「和様」「禅宗様」

その他、五重塔と同様に「和様」と「禅宗様」が織り交ざった建築様式をしています。

屋根の裏の垂木は五重塔と同様に「二軒繁垂木(ふたのきしげだるき)」で平行に並んで組まれており、これは禅宗様の建築様式の大きな特徴の1つです。

また、建物を支える「貫(ぬき)」先の部分(鼻)の形状が「拳鼻(こぶしばな)」なっていることにも気づきます。

これも禅宗様の大きな特徴の1つです。

一方、初層の壁面の組物である「間斗束(けんとづか」や「蟇股(かえるまた)」には和様風の様式が見受けられます。

上層部は「四手先の組物」であり、これは二重多宝塔でよく見られる特徴です。

宮島・厳島神社「多宝塔」の御本尊

厳島神社の多宝塔にも五重塔と同様に、かつて仏像が安置されておりました。

その仏像と言うのが「薬師如来像」であり、現在は同じ宮島の島内に位置する宮島・大願寺に遷されています。

尚、これら五重塔や多宝塔にかつて安置されていた仏像は、現在ではすべて国の重要文化財に指定されています。

厳島神社へ参拝に来られたら是非、大願寺へも訪れてみてください。ウフ

厳島神社・多宝塔の場所・アクセス(行き方)

厳島神社・多宝塔は厳島神社を陸側から見て左手の方角に位置します。
具体的には、宝物館裏の小山を登った山頂にあります。

  • 厳島神社から多宝塔までの所要時間:9分
  • 厳島神社から多宝塔までの距離:600m

終わりに・・

多宝塔からは、厳島神社やその周りの風景が一望できます。

多宝塔や五重塔へ行かれる際は、カメラを忘れずに持参してください。

きっと、アルバムに綴れるような美しい写真が撮れます。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ