宮島・厳島神社 「右門客神社」「左門客神社」【国宝】

スポンサードリンク

宮島・厳島神社「右門客神社」「左門客神社」【国宝】

%e5%8f%b3%e9%96%80%e5%ae%a2%e7%a5%9e%e7%a4%be%e3%83%bb%e5%b7%a6%e9%96%80%e5%ae%a2%e7%a5%9e%e7%a4%be

創建年

  • 不明
再建年

  • 1241年(仁治2年)
建築様式(造り)

  • 切妻造
  • 平入
屋根の造り

  • 桧皮葺
大きさ(覆屋)

  • 横幅:約6m
  • 奥行:約2m
重要文化財指定年月日

  • 1899年4月5日(明治32年4月5日)
国宝指定年月日

  • 1952年3月29日(昭和27年3月29日)
右門客神社・主祭神

  • 櫛磐窓神
左門客神社・主祭神

  • 豊磐窓神
社格

  • 厳島神社・摂社

宮島・厳島神社「右門客神社」「左門客神社」の読み方

厳島神社の境内には読みにくい名前の御祭神や社殿がありますが「右門客神社」は「みぎかど まろうどじんじゃ」と読み「左門客神社」は「ひだりかど まろうどじんじゃ」読みます。

宮島・厳島神社「右門客神社」「左門客神社」の歴史・由来

本殿から前方に伸びる平舞台の先には「左楽房」「右楽房」があります。

その内側に「右門客神社」「左門客神社」があり、さらにその脇には平舞台の飛び出た箇所である「火焼前(ひたさき)」と「燈籠」があり、その先に鳥居があります。

%e7%81%ab%e7%84%bc%e5%89%8d「右門客神社」「左門客神社」ともに建物の内側にさらに「覆屋(おおいや)」があり、この覆屋に御祭神がお祀りされています。

「右門客神社」「左門客神社」ともに創建年は不明ですが、現在見ることのできる姿は1241年(仁治2年)に再建された時の姿であると云われています。

宮島・厳島神社「右門客神社」「左門客神社」の御祭神

右門客神社の御祭神を「櫛磐窓神」は読み方を「くしいわまどのかみ」と呼称します。

また、左門客神社の御祭神を「豊石窓神」は読み方を「とよいわまどのかみ」と呼称します。

これらの神々は「天石門別神(あまのいわとわけのかみ)」と呼称し「門」を守護するの神と云われております。

あまのいわと」と聞けば天照大御神がお隠れになられた「天の岩戸」を連想してしまいますが、この神様と天の岩戸の関連性は定かではありません。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ