宮島・厳島神社「反橋」【重要文化財】

スポンサードリンク

宮島・厳島神社「反橋」【重要文化財】

反橋(そりばし)【重要文化財】

創建年

  • 不明
  • 推定:1185年から1333年(鎌倉時代)
再建年

  • 1557年(弘治3年/室町時代後期)
建築様式(造り)

  • 太鼓橋
  • 擬宝珠高欄付
  • 高欄・丹塗り
  • 橋脚・墨塗り
大きさ

  • 全長:24m
  • 横幅:4m
重要文化財指定年月日

  • 1899年4月5日(明治32年4月5日)

厳島神社・反橋の読み方

厳島神社の境内には難しい漢字の表記の御祭神や社殿がありますが、反橋は「そりばし」と読みます。

また、別称で「太鼓橋(たいこばし)」や「勅使橋(ちょくしばし)」とも呼称されています。

厳島神社・長橋の歴史・由来

このような反り橋は、厳島神社にだけある訳ではなく、日本全国のそれなりの規模のの神社にも設置されていることがあります。

代表的な場所として、「大阪の住吉大社」が挙げられます。

「太鼓橋(反橋)」の由来とは、本来は神聖な意味合いで「神事などの祭典を行うために設置された」ようですが、厳島神社の場合は「寝殿造り」と言う、建築様式の一環で造営されたという見方もできます。

厳島神社の反橋は西側の回廊に造営されていますが、現在は使用されておらず、古来では朝廷からの使者である「勅使(ちょくし)」だけが通ることを許されており、「勅使橋」という名前の由来はここから来ています。

「勅使」とは天皇の使者のことであり、天皇が訪れたのと同義で扱われるためにこのように、勅使のみが通ることのできる通路が設けられています。

尚、このように勅使だけが通行することのできる通路は、厳島神社だけに設置されているものではなく、日本中にあるそれなりの規模の神社であれば設置されています。

厳島神社の反橋は本当に勅使以外は通れなかった??

反橋の建築様式は太鼓橋となっており、これは中央部が盛り上がっている造りをしています。

%e5%8e%b3%e5%b3%b6%e7%a5%9e%e7%a4%be%e3%83%bb%e5%8f%8d%e6%a9%8b01従って、荒天時などで「高い波」が来てもこの橋を通ることで回避できたそうです。

つまり、まったく勅使以外が通行できないのではなく、上記のように「例外」は許可されていたようです。

現在の反橋は、1577年(弘治3年)に毛利元就・隆元(親子)によって再建されたものだと伝わっています。

その後、2013年(平成24年)1月に修善がなされています。

厳島神社・反橋の場所

反橋は厳島神社境内の出口(西回廊)付近に位置しています。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ