宮島・厳島神社「内侍橋」【国宝】

スポンサードリンク

宮島・厳島神社「内侍橋」【国宝】

内侍橋(ないしばし)【国宝】

創建年

  • 不明
  • 推定:1186年(仁安2年)
建築様式(造り)

  • 高欄付
大きさ

  • 全長:約6m
  • 横幅:4m
重要文化財指定年月日

  • 1899年4月5日(明治32年4月5日)
国宝指定年月日

  • 1952年3月29日(昭和27年3月29日)

厳島神社・内侍橋の読み方

厳島神社の境内には難しい漢字の表記の御祭神や社殿がありますが、内侍橋は「ないしばし」と読みます。

厳島神社・内侍橋の歴史・由来

厳島神社の内侍橋は本殿の両側に2基あります。

内侍橋の名前の由来とは、神饌を供進する際に内侍がこの橋を通ったことから、内侍橋と言う名前が付されています。

内侍とは通例では、宮中で天皇に使える女官のことを指しますが、厳島神社では巫女のことを内侍と呼称していたようです。

古来の厳島神社の内侍は何十人といたようで、参詣した貴族の世話役や舞踊でもてなしたようです。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ