厳島神社・豊国神社(千畳閣)【重要文化財】

スポンサードリンク

厳島神社・豊国神社(千畳閣)【重要文化財】

%e5%8d%83%e7%95%b3%e9%96%a3%e3%83%bb%e8%b1%8a%e5%9b%bd%e7%a5%9e%e7%a4%be

創建年

  • 1587年(天正15年)
再建年

  • 1868年(明治元年)
大きさ

  • 桁行13間(奥行:約24m)
  • 梁間8間(横幅:約15m)
建築様式(造り)

  • 入母屋造
  • 一重
屋根の造り

  • 本瓦葺
重要文化財指定年月日

  • 1910年8月29日(明治43年8月29日)
御祭神

  • 豊臣秀吉公
  • 加藤清正公
社格

  • 厳島神社・(境外)末社
造営総指揮

  • 安国寺恵瓊
発願者

  • 豊臣秀吉

厳島神社・豊国神社の読み方

厳島神社の境内には、読みにくい名前の御祭神や社殿がありますが「豊国神社」は「とよくにじんじゃ」と呼称します。

他にも豊国神社には別名があり、「千畳閣(せんじょうかく)」とも言われれおります。

尚、千畳閣と呼称されている理由としては、「畳の数が約1000枚分の広さを持つ立派な建物」に因んでこの名前が付されています。

厳島神社・豊国神社の御祭神「豊臣秀吉」

豊国神社の御祭神は天下人「豊臣秀吉」と、その忠臣「加藤清正」です。

%e8%b1%8a%e8%87%a3%e7%a7%80%e5%90%89↑豊臣秀吉像

%e5%8a%a0%e8%97%a4%e6%b8%85%e6%ad%a3↑加藤清正

因みに、秀吉を祀った「豊国神社」は他にもあり、有名所では「京都・東山区」や「名古屋市中村区」にもあります。

これらの豊国神社の建立された土地から察するに、生前の豊臣秀吉と縁のあった土地に築かれた社と言うことになります。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






豊国神社のご利益

豊国神社の御祭神は、農民から天下人にまでのし上がった豊臣秀吉です。

したがって、まずは「出世のご利益」がなります。

その他、秀吉は織田家随一の「人たらし」とも云われた武将で、信長から中国地方の計略を一任されています。

この時、中国地方をほとんど「調略」と言う名の「人たらし」の技術を用いて兵力を損ねることなく、降伏させる形で中国地方を我が物にしています。

因みに「人たらし」とは「多くの人に好かれるための技や性格のこと」で、多くの人に上手く取り入いって、最終的には自分に協力してもらうことまでをいいます。

秀吉は、生まれ持った陽気で寛大な性格と、農民出と言う弱い立場から、生まれながらにしてこの「人たらし」の技術を持っていました。

また、秀吉は臆病である反面、非常に頭の良い武将でした。

そんな秀吉の「人たらし」は並外れたものがあり、出世して行くごとに多くの優秀な家臣が配下に付き、最後には日本を統一し天下人にまでなってしまいます。

以上のことから、「仕事の人間関係の向上」・「単に人間関係の向上」や、そこから派生する「幸運招来」「良縁招来」のご利益もあります。

厳島神社・豊国神社の歴史・由来

実は豊国神社は、豊臣秀吉によって創建された当初は「大経堂」と言う呼称を付されていました。

「大経堂」と付けられた理由とは、秀吉は毎月に1度、盛大な法要(千部会=千部経の読経)を行うためのお堂、もしくはこれらの1000もの経典を安置するお堂と言った「1000部の大経典」の名前に由来しています。

この「大経堂」の名前は明治元年まで続き、明治初頭に明治政府から発令された「神仏分離令」によって現在の「豊国神社」へと名前が改められています。

その際、大経堂の境内で安置されいた仏像・御本尊「釈迦如来座像」「阿難尊者像(あなんそんじゃ)」「迦葉尊者像(かしょうそんじゃ)」も、同じ宮島内に位置する「宮島・大願寺(だいがんじ)」へ遷されています。

えぇっ?!豊国神社(千畳閣)は実は未完成だった?!

実は、この豊国神社(千畳閣)は、いまだ未完成だと云われており、その理由とは「朝鮮出兵」で国内に主だった武将や家臣がいなくなったのと、豊臣秀吉が造営中に他界してしまい造営工事が中止されたためと云われております。

厳島神社・豊国神社の建築様式(造り)

豊国神社の建築様式として、先述したとおり造営工事が中止になっていますので、御神座の真上の天井以外の天井には、天井板が張られておらず筒抜け状態になっており、只々、虚無な空間が広がっています。

%e5%8d%83%e7%95%b3%e9%96%a3%e3%80%80%e5%a4%a9%e4%ba%95その他、豊国神社へ参拝に訪れることで容易に分かりますが、内陣や外陣と言った仕切り板も張られておらず筒抜け状態になっており、扉一枚開けるだけで部屋の奥まで見通せます。

%e5%8d%83%e7%95%b3%e9%96%a3

千畳閣の床下って歩けたんでっか!!知りまへんでしたわ

実は、駄々広い千畳閣の縁側の片側の床下はなんと!歩けるようになっており床下を観覧することができます。..これは驚きダぎぁ

千畳閣を真下から見上げることで、その広さを実感することができます。

%e5%ae%ae%e5%b3%b6%e3%83%bb%e8%b1%8a%e5%9b%bd%e7%a5%9e%e7%a4%be%e3%83%bb%e5%8d%83%e7%95%b3%e9%96%a3%e3%81%ae%e4%b8%8b%e3%82%92%e3%81%8f%e3%81%90%e3%82%8c%e3%82%8b

豊国神社(千畳閣)の「拝観所要時間」

豊国神社(千畳閣)での拝観は30分もあれば充分に可能です。

ただし豊国神社の境内には五重塔があり、さらに千畳閣の床下が歩けますので、すべて見学した場合は1時間は見込む必要があります。

豊国神社(千畳閣)の「拝観料(割引)・営業時間(開門・閉門時間)定休日・電話番号」など

厳島神社の境外・末社である豊国神社の境内へは無料で入れますが、千畳閣へ昇殿するためには、初穂料としてお金を納める必要があります。

入場料金、その他のデータは下記の通りです。

  • 入場料金:大人100円 高校生100円 小・中学生50円(割引なし)
  • 営業時間(開門・閉門時間):8時30分~16時まで
  • 定休日:なし(年中無休)
  • 住所:〒739-0500 広島県廿日市市宮島町1−1
  • 電話番号:0829-44-2020(厳島神社)
スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ