広島県宮島・厳島神社 大鳥居の秘密を暴露!「 文字・お金(お賽銭・小銭)・意味・歴史・由来・建築方法」

スポンサードリンク

広島県宮島・厳島神社 大鳥居の秘密を暴露!「 文字・お金(お賽銭・小銭)・意味・歴史・由来・建築方法」

広島県宮島・厳島神社 大鳥居の秘密を暴露!「 文字・お金(お賽銭・小銭)・意味・歴史・由来・建築方法」情報一覧厳島神社には、海上に大鳥居があります。

厳島神社や宮島をイメージした時に、まず、頭に思い浮かぶのが、この「大鳥居」です。

まさに、ここ厳島神社だけではなく、宮島の「象徴=シンボル」とも言えます。

そんなことから、この大鳥居を知らない方はいないと思われますが、この大鳥居に飾られた「扁額(へんがく)」の文字が「海側」と「社殿側」で異なっているということは知らない方も多いのではないでしょうか。

厳島神社の大鳥居の秘密「裏表で異なる扁額(へんがく)の文字」

さきほどから、扁額(へんがく)」と言っていますが、扁額の意味がわからない方も多いハズです。(筆者である私もそうでしたから)

扁額とは、寺院や神社の主に門となる部分の上部中央に掲げられる筆書きの文字が彫られた看板のことです。

実は、この厳島神社の大鳥居の扁額には、以下のような謎の文字が刻まれています。

  • 海側には「嚴嶋神社
  • 社殿側には「伊都岐島神社

厳島神社の大鳥居の秘密「裏表で異なる扁額(へんがく)の文字」

海側の「嚴嶋神社」は「厳島神社」のことなので容易に理解ができます。

しかし、社殿側の「伊都岐島神社」とは、どういった意味があるのでしょうか?

「伊都岐島」の文字の意味・由来と読み方

厳島神社の大鳥居・「伊都岐島」の文字の意味・由来と読み方

まず「伊都岐島」の読み方ですが、これは、「伊都岐(いつき)島」と読みます。

そして、この「伊都岐島」の文字の由来や意味は以下のようになります。

厳島は古来、「神斎(いつ)きまつる島」という意味で「伊都岐(いつき)島」と呼ばれていました。

さらにその語源は、厳島神社の御祭神の宗像三女神の1柱である「市寸島比売命(いちきしまひめ)」から来ています。

「市寸島比売命」と言えば、神仏分離令が公布される前では、仏教の「弁財天」いわゆる弁天様と同一視されていた神様でもあります。

そして、驚くことになんと!市寸島比売命の名前の「いちきしま」に由来して、平清盛が厳島神社が再建(大造営・修造)した際に「嚴嶋(いつくしま)」と言うネーミングに変えたそうです。

清盛が「伊都岐(いつき)島」→「厳島」という名前に変えた理由

清盛が「伊都岐(いつき)島」→「厳島」という名前に変えた理由なぜ、清盛が「厳島」という名前を付けたかと言いますと、これは少し想定が入りますが、以下のようになります。

清盛は平家の繁栄と、将来、自らが創造した幻の都「神戸の福原京(ふくはらきょう)」の守護神として、厳島神社の神を勧請して加護を賜ることを想定していたハズです。

厳島神社の「厳(いつ)」とは「神聖」と言う意味や、他にも「威力(勢い)が盛大である」などと言う意味合いにもなります。

つまり、これらをつなぎ合わせると以下のようになります。

神を信じ、神に仕え、神の加護を得た我ら平家の勢いに勝る敵なし

と、言うようなニュアンスに言い換えることもできます。

以上のような理由から、清盛が「厳」と言う文字を付けたものだと思われます。

平家物語では、清盛が厳島神社を造り変えるに至った動機として、厳島神社の神が清盛の枕元に立ったと言う言い伝えが残っています。

この伝承が本当であるならば清盛が当時、厳島神社を相当な思い入れで「心の拠り所」にしていたことが想像できます。

そして、社殿側の神社名は「万葉仮名(まんようがな」で書かれています。

「万葉仮名」とは、漢字だけで書かれる文章のことです。ひらがなも漢字で書かれるため、独特の風合いを持つ漢字の字体となります。

ちなみに、江戸時代の「浮世絵師・歌川広重」が、1853年(嘉永6年)に描いた「六十余州名所図会」の中の「安芸 厳島祭礼之図」に、鳥居の扁額が描かれています。

そこには「伊都岐島大明神」の文字があります。

江戸時代の「浮世絵師・歌川広重」が、嘉永6年(1853年)に描いた「六十余州名所図会」の中の「安芸 厳島祭礼之図」に、鳥居の扁額が描かれて


スポンサードリンク -Sponsored Link-






厳島神社・大鳥居の「扁額」を書いたのはいったい誰?

厳島神社・大鳥居の「扁額」を書いたのはいったい誰?普段は見ることが出来ないのですが、扁額の裏には「明治7年甲戌四月二品熾仁親王謹書」と記されているそうです。

扁額は2つとも「江戸時代後期~明治時代」の皇族である「有栖川熾仁(ありすがわ たるひと)親王」による染筆です。

実はこの扁額は、有栖川親王が1875年(明治8年)に奉納されたものだそうです。

有栖川宮家(ありすがわのみやけ)」の歴代の当主は書道・歌道に秀でたと云われ、有栖川熾仁親王は9代目当主にあたります。

戊辰戦争や西南戦争、日清戦争の指揮官を務めた人物ですが、皇女和宮の元婚約者としても知られています。

この和宮との婚約は、時の政治情勢によって後に反故(不要)になりました。

厳島神社の大鳥居の秘密「建築構造と月と太陽の紋章の意味・由来・歴史」

4d20ecb847f3af21064d5d1ea01ee4da

厳島神社の大鳥居は、厳島神社の境内から、沖合約200mの位置に建てられています。

そして、この鳥居に近づくことで、さらに理解できますが、厳島神社の大鳥居は、他の神社の鳥居とは、明らかに違う建築構造をしています。

それは、干潮時に鳥居の足元を見ればわかりますが、通常の鳥居であれば、柱が2本あり、それぞれの柱となっている木が、地中深くに埋まっています。

厳島神社の鳥居は、足が2本ではなく合計6本もあります。

そして、その6本の柱で鳥居全体を支えているから、水の動きの激しい海中でも、忽然と直立していられるのかと思われがちですが・・厳島神社の大鳥居はなんと!

地中には埋まっていません。

これがどういうことなのか?

厳島神社の大鳥居は、満潮の時や波が荒い時には浮くこともあるということです。

つまり、倒壊を防ぐ目的で鳥居の最上の「笠木(島木)」の部分に重石を入れて押さえつけていると言うことになります。

厳島神社の大鳥居のサイズ(大きさ)

  • 高さ約16.6m
  • 棟(大棟・笠木)の長さ24.2m
  • 主柱周り9.9m
  • 総重量は約60t

厳島神社の大鳥居に使用されている木材

  • クスノキ

厳島神社の大鳥居に使用されているクスノキの産地

  • 社殿から向かって右側(東側)の柱が福岡県久留米市
  • 社殿から向かって左側(西側)の柱が佐賀県佐賀市

厳島神社の大鳥居の大鳥居の足元の「底部分」の秘密

柱の足元の底部分には、「千本杭の工法」と言う建築方法が用いられています。

厳島神社の大鳥居の大鳥居の足元の「底部分」の秘密千本杭の工法」とは「杭の工法」のことで、45cmから60cmの「松杭(まつぐい)」と呼ばれれる松の木を用いた杭が打ち込まれています。

各柱に打ち込まれた松杭の数は、30本~100本ほど打ち込まれています。

クスノキが鳥居の材料に選ばれている理由とは以下のようになります。

  • 他の木材よりも重量がある
  • 腐食しにくい
  • 虫に強い

などの理由からと言われています。

厳島神社の大鳥居の歴史

現在の大鳥居は、1875年(明治8年)に再建されたと云われています。
この大鳥居は、平安時代に造られ、現在までで8回も造り替えられているそうです。

えぇっ?!かつて厳島神社の大鳥居は「白色」だった?!

これはあまり知らない方も多いと思われますが、ぬっ、ぬっ、ゴホっ。、ぬっ、ぬぅわぁんと!厳島神社の鳥居が白色であった時期あります。

その時期ってご存知ですか?

実は明治時代の初頭から後半にかけて厳島神社のこの大鳥居は白色でした。

これには理由があり、明治初頭に政府から発令された「神仏分離令」によって、仏教と神社の区分けが成されました。

その際、この大鳥居は仏教色が強いと言うことで白色に変えられてしまいました。

白色とは素木造りの鳥居のことです。

明治時代の後半になってようやく現在の朱色に戻されています。

つまり明治時代は白い鳥居として存在していたことになります。

このように鳥居の歴史だけみても人間の歴史を言うのは常に動乱があると言えます。

大鳥居の「笠木(大棟)」の両はしの「月」と「太陽」の紋章の謎

厳島神社の大鳥居の秘密「建築構造と月と太陽の紋章の意味・由来・歴史」 (2)厳島神社の大鳥居の秘密「建築構造と月と太陽の紋章の意味・由来・歴史」厳島神社の大鳥居の「笠木(大棟)」両はしには、社殿からみて右側(東側)には「太陽の紋章」が刻まれています。

また、逆に西側(左側)には「月の紋章」があります。

これは「陰陽道の理」を指し示すといいます。

陰陽道とは?

陰陽道とは、森羅万象の理に則り、方角や月・太陽・星などの位置などを、総合的にみて、物事の良し悪しを見極めるために用いられた、中国大陸から日本へ伝来した思想の1つです。

この陰陽道は名前こそは違いつつも、現代でも「占い」と言う形で伝承が残っています。

厳島神社の大鳥居に「月」と「太陽」の紋章が刻まれている理由

厳島神社の大鳥居に月と太陽の紋章が刻まれている理由は、以下のようになります。

古来から「北東は鬼門」であるといわれてきました。

そして陰陽道に則り、この鬼門を封じる場合、大鳥居の東側(社殿からみて右側)に、太陽の紋を刻むことで「鬼門の効力を封じている」と謂われています。

「陰陽道の理」を用いた場合、太陽があれば月が対極の位置に存在しますので、対極に「月」を刻んだものだと思われます。

厳島神社の大鳥居にお金(お賽銭・小銭)を挟む理由と「どんなご利益があるの?」

厳島神社へ参拝に行かれて、大鳥居を見られた方なら分かると思いますが、大鳥居の柱には「お金(小銭)」がいっぱいササっています。

厳島神社の大鳥居にお金(お賽銭・小銭)を挟む理由と「どんなご利益があるの?」これは、干潮の時(海水がない陸続きの状態の時)に、参拝客がご利益を求めて大鳥居の柱のメクれ上がった木の間に小銭を挟むんだそうです。

しかし、厳島神社の神職の方曰く、鳥居にお金(小銭・お賽銭)を挟むと、柱が傷み木が腐ってしまいますので、やめて欲しいんだそうです。

そして、肝心のご利益があるのか?・・なのですが、厳島神社の方に聞いたらこのように言っておられました。

「ご利益があるかどうかはわかりません。」

「しかし、神聖な柱に傷を付けているのと同じなので、そう考えるとご利益があるというよりは、むしろバチが当たります。」

「鳥居が傷みますので、鳥居にお金(小銭・お賽銭)を挟むのは、お控えください」

と、言っておられました。

つまり、大鳥居にお金を挟んでも、ご利益どころか逆にバチが当たってしまうかもしれないと言うことですので、お金を挟むのは控えておきましょう。

終わりに・・

このように大鳥居の扁額の社名だけでも、厳島神社の歴史の重みを感じ取ることができます。

厳島神社を訪れた際には、大鳥居の下まで行き是非、あなた自身の目で確かめてみてはいかがでしょうか。

他にも、厳島神社の境内はもとより、その周辺には厳島神社の歴史を知ることのできる施設などがあり、単に世界遺産と言う枠内に囚われきれない厳島神社の魅力を思い存分、体感することができます。

是非、立ち寄って見てください。

スポンサードリンク -Sponsored Link-


    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ