広島県・宮島 厳島神社の「満潮・干潮の時間と参拝するのは「満潮・干潮」どっちがいい?

スポンサードリンク

広島県・宮島 厳島神社の「満潮・干潮の時間と参拝するのは「満潮・干潮」どっちがいい?

日本が誇る世界文化遺産の一つ、広島県の宮島にある厳島神社。

海に浮かんだように見える境内の姿はあまりにも有名ですね。

それでは拝観(観光)へ訪れる時間は、いつが一番いいのでしょう?

答えはズバリ!「目的次第」です。

時間によって様々な表情を見せる厳島神社で、あなたは何をしますか?

ここでは潮位に的を絞って、おすすめの観光プランをご紹介します!

厳島神社の「干潮・満潮」の時間はいつ?

宮島・厳島神社の干潮の平均的な時刻

厳島神社の干潮の平均的な時刻干潮が始まる平均的な時刻は早朝3時から8時ころで、このあたりの時間になると、厳島神社の境内から大鳥居まで歩けるくらいになります。

そして、夕方の15時~17時頃になると、潮が満ちてきて海水が大鳥居の辺りを覆い尽くし始めます。

そして再び、夜の23時頃になると潮が引いて干潮の状態になります。

宮島・厳島神社の満潮の平均的な時刻

満潮の平均的な時刻厳島神社の満潮の平均的な時刻は、夕方の16時から17時の間です。

遅い時になると最大で、夜中になってやっと潮が満ちてくることもあります。

そして、真夜中あたりから再び朝方の3時から5時頃まで潮が満ちてきます。

干潮・満潮時間をまとめると・・潮の満ち引きは1日2回!

大鳥居まで歩いて観光をするならば、朝の9時くらいから夕方の16時くらいまでの間に厳島神社へ訪れる必要が出てきます。

つまり、「干潮の状態」です。

一方、大鳥居の上部や、宮島の景色を海上から見学したい方は、大鳥居の周りに海水が貯まっている時間帯に厳島神社へ訪れる必要があります。

これを時間に置き換えると、夕方の18時頃から真夜中までの間に、船(遊覧船)などで大鳥居まで来れば、大鳥居の上部を見ることができます。

つまり、「満潮の状態」です。

しかし、満潮干潮時間は、季節によって大幅に違ってもきます。

くわしくは、宮島観光協会のホームページで「潮見表」をチェックしましょう。

  • http://www.miyajima.or.jp/sio/sio02.html(宮島観光協会URL)

表の見かたの解説もあるので、しっかり確認して、計画に役立ててください。

潮の干満は、おおよそ6時間ごとに繰り返すので、干潮、満潮共に朝(早朝)と夕方(夜)1日2回ずつある場合がほとんどです。

つまり、しっかり計画して行けば、両方楽しめるということですね。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






厳島神社の干潮の時にしたいこと

厳島神社の大鳥居まで歩いて行く!

鳥居まで歩いて行く!高さ約16メートルの大鳥居を真下から見上げてみたい人は干潮時に。

柱の太さも、海に自立する力強さも、近づくことによってもっとはっきり感じられるはず。

厳島神社の大鳥居の周辺で潮干狩りをする!

潮干狩りをする!春の干潮時は潮干狩りにぴったり。ここではなんと無料で潮干狩りができるんです。

特に潮の引きが大きい日には、いつもは人が踏み入らない所まで行けるので、しっかり育った貝がとれますよ。

世界遺産で潮干狩りなんて、貴重で面白い経験ですよね。

ルールを守って楽しい潮干狩りを!

厳島神社の満潮の時にしたいこと

海に浮かぶ厳島神社の境内を見る!

海に浮かぶ境内を見る!境内や鳥居を、少し離れた所から見てみましょう!

水面に浮かぶ神社の美しい姿が見られます。

写真を撮る人は、晴れた朝は境内を正面から見ると逆光になるので気をつけてくださいね。

「浮かんだ」厳島神社の境内から海を見る!

「浮かんだ」厳島神社の境内から海を見るちょうど満潮時間前後に拝観すれば、日によっては足元すれすれまで水面が上がってきた境内を歩くことができます。

晴れていると海は眩しいかもしれませんが、気持ちのいい体験になること間違いなしですよ。

夕日をバックに大鳥居の写真を撮る!

夕日をバックに大鳥居の写真を撮る!陸から大鳥居を眺めると、その向こう側に夕日が沈みます。

もちろん干潮でも大丈夫ですが、あるていど海水があった方が見映えはするので、干潮時間の前後2~3時間を避けられればいいかもしれません。

真っ赤な夕焼けに大鳥居のシルエットを拝む、そんな優雅な夕暮れはいかがですか?

宮島の「参拝遊覧船」で大鳥居をくぐる!

宮島の「参拝遊覧船」で大鳥居をくぐる!宮島参拝遊覧船は、ほぼ毎晩、6便運航しています。

潮位が十分で、しかも天候等に問題がなければ、船に乗ったまま鳥居をくぐれます。

夕暮れ前の時間でも、ライトアップされてからでもいいですね。

事前予約が必要なので、念のためホームページを確認してから行きましょう。

最後に・・

いかがでしたか?

潮の干満の度合いは日によってかなり違います。

やりたいことが決まったら「潮見表」をよく見て、旅行の計画を立ててみてくださいね。

スポンサードリンク -Sponsored Link-


    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ